問題行動矯正、しつけ、転位行動
動物、ペットの気持ちがわかるアニマルコミュニケーターによるアニマルコミュニケーション・アニマルカウンセリング:
東京・神奈川・千葉・埼玉:対面・出張/電話・スカイプ/メール
横浜線・京王線・根岸線・小田急線・中央線・山手線他(目黒・相模原・橋本・町田・八王子 他)

アニマル・コミュニケーション

問題行動としつけ

家の中やお散歩中の無駄吠え
他の犬、人、同居動物に攻撃的、飼い主を咬む
いつもビクビクしている
拾い食い・リードの引っ張り・・

こういった行動に対し、「叱る」「無視する」「音の出る缶を投げて驚かす」「吠えると電流が流れる首輪をつける」、「犬を仰向けにする」といった対処方法は行動分析学で「罰」と呼んでいます。ですが、そこには本当に望む「コミュニケーション」は存在しているでしょうか?

行動を起こすには必ず原因・理由があります。それを知らずに、「しつけ」をしようとしたり、表面的な一時的な対処をしても、根本にある原因が残ったままであれば同じようなことが繰り返されたり、ますますその行動がひどくなることもあります。

また、恐怖心などに支配され神経質になっている動物さんの場合(吠えがひどい等)、緊張し続けることで血流やリンパの流れが悪くなり、身体が冷え、免疫力が十分に発揮できず病気になりやすくなる、持病が悪化したり二次的な病気を併発するといった恐れもあります。

-行動の元となる原因-
問題行動の原因

問題行動がある、いつもビクビクしている、極端に怖がる、ということは、今の生活や関係を見なおしたり、飼い主さんの協力が必要となっている、リハビリが必要になっているということなのです。

インスタントにしつけようとしたり、もう年齢が高いから、この仔は○○だから、前にやってみたけどだめだったから、と諦めてしまうのではなく、根本原因を知り、改善していくには何が必要か、好ましくない行動を減らし、してほしい行動を増やしていくにはどうすればよいか、その仔の個性・資質にあった方法で、諦めないことによって、その仔の持つ可能性をも広げ、暮らしに多くの喜びが訪れることへと繋がっていくのです。

アニマルコミュニケーションのセッションでは原因を知るだけではなく、その動物さんの心のケアとともに行動療法によるリハビリ方法や「訓練」や「服従」「命令」ではないしつけ方法をお伝えさせていただきます。 (*しつけや問題行動についてのご相談は90分のセッションをおすすめいたします)
※犬のしつけ出張レッスンはこちら


犬のお散歩について

犬たちの気持ちの中で、飼い主さんの誤解が多いのが「お散歩」について、です。
「うちの子は、あまりお散歩が好きではないみたいないんです」
「散歩へ行ってもすぐに帰ろうとします」・・・


飼い主さんから、こういったお話をよくお伺いします。ですが 実際に、その子の気持ちを尋ねてみると

「外の世界は怖いものがたくさんあるの」
「他の犬が僕をバカにするんだ」
「周りは敵ばかりだから、ママを守らなくちゃいけないんだ!」

と伝えてくることがあります。

これらは、未知のものやこれまでの経験による不安感によるもの、他の犬との関わり、必要以上に必死になってしまう、とそれぞれに理由があります。

それをそのまま鵜呑みにして終わりにするのではなく、根本原因を知り、お散歩の楽しさを教えてあげることが大切です。

また、「ママは忙しそうだから早く帰った方が喜ばれるの。いつも疲れてるし、迷惑をかけたくないの」
「一緒にお散歩をしていてもママは全然楽しそうじゃな くて・・・」と、飼い主さんの気持ちを推し量り気遣う子。

「あっちへ行っちゃダメ、こっちもダメって、怒られてばっかりでつまらない」と、いう子もいたり します。

犬にとって、お散歩は飼い主さんとの信頼関係や絆を育むのにとても大切な時間です。

探索や冒険にワクワクしたり、外の世界で大好きな飼い主さんと協力しあ うことで互いの信頼関係を築くだけでなく、五感を刺激し、自然のエネルギーや地球からのエネルギーを取り込むことができます。

また、運動によって筋肉をしっかりと使うことで病気の予防、免疫力を発揮しやすい身体作りができます。

排泄のためだけのお散歩や、義務のように歩くお散歩 ではなく、飼い主さん自身も風や土の匂い、太陽の光、自転車の音、人のざわめき、さまざまなものを、その子と一緒に感じること。

公園などで、ゆっくり匂いをかがせてあげたり一緒に走ったり、探検したり、お散歩の楽しさや喜びを、一緒に探してみること、共有することがその子にとっての喜びとなり、幸せに繋がっていきます。

この世界でまだ知らないこと、今、この世界にあるものを、飼い主さんがたくさん教えてあげてほしいと思います。そうした一つ一つの経験が、その子にとって も大切な宝物となっていきます。

人も家の中にずっと篭っていたら、息が詰まってしまったり、心も身体も病んでいってしまうように、犬たちも同じです。

「年をとってるから行かなくてもいいかと思っていました」
「病気なのでお散歩は行かない方がいいかと思っていました」

と言われる飼い主さんもいますが、お散歩に行かれなくなったことで、天真爛漫だった子が神経質になったり、自尊心が著しく低くなってしまっう子もいます。

たとえ自分で歩くことができなくても、病気であっても、バギーなどに乗せる等(体調をみながらできる範囲で)工夫をして、大好きな飼い主さんと一緒に外の世界を楽しんだり、喜びを感じることで、免疫システムに燃料を与え回復の力となることもあります。

それほど、犬たちにとって「お散歩をする」ということは、大切なことなのです。


もし、お散歩のやり方がわからなかったり、お互いにお散歩が楽しめない、ということがあれば、必ずどこかに原因があるはずです。ひとりで抱え込まず、ぜひ相談してください。

※アニマルコミュニケーションはこちら*しつけや問題行動についてのご相談は90分のセッションをおすすめいたします)
※犬のしつけ出張レッスンはこちら