アニマルコミュニケーターアニマルコミュニケーター、ヒーラー・プロフィール BOBBY-G について
アニマルコミュニケーション個人セッションやヒーリングを 主に神奈川(相模原市橋本)、東京(目黒)で行っています。
ペットの気持ち、本音、クライアントさまの真意、身体をオーラからリーディングし、現状の変化や心が前向きとなるセッションや講座を行っています。

アニマルコミュニケーション&ヒーリング・WEB/グラフィックデザイン
 

アニマルコミュニケーター、ヒーラー・プロフィール
年賀状・寒中見舞い・喪中/欠礼はがき デザイン印刷

●Name:廣部 良恵(ひろべ よしえ)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2009年プラーナ(氣)が見えるようになったことを機にオーラやチャクラ、深い意識を透視する能力を活用し2010年夏よりアニマルコミュニケーター、ヒーラー、として人、動物、のリーディング、セッションを行う。


ペットだけでなく、動物園の動物や、アフリカの野生動物たちとの幅広いコミュニケーションの
経験がカウンセリングにも活かされている。

また、アニマルコミュニケーションやその人の持つ本質や、深層心理を見出す講座等も開催し、
人気の動物園ツアーは、開催12回を超え約120名以上の参加者が、
動物とのコミュニケーションを体験。

ペットだけでなく人に対しての身体や心へのヒーリング、アドバイスに定評がある。

というのも、離婚に至る経緯では、自分という存在、これまでの生き方すべてに絶望し、
どん底からの救いを求め、心理学や、パートナーシップについて学ぶ。

ものすごく辛かった時に、助けてもらいたかったのは、カウンセラーやセラピーなど、
やさしく心を聞いてくれる人、なぜこうなったのか、何が起きているのかを、
丁寧に教えてくれる人だった。

そのため、現在のセッションでは、エネルギー的な視点だけでなく、 心のこと、体のこと、魂のこと、宇宙の法則、 それらのすべてから、その方、ペットにとって、「今」、場合によっては、「ちょっと先」に必要なもの、 きっと役に立つであろう、ということも、伝えるようになる。

また、辛い時期に、生きる支えとなったのが、2匹の猫たち(BobbyとAnica)。

(Bobbyは、2012年に虹の橋を渡る。)

「あの時知っていれば、」と、亡くなったペットに対する思いは、自身も体験している。

彼らがいてくれたおかげで、辛かった時期を乗り越えられ、今がある。

ペットを失った時の後悔や、罪悪感の癒やし方、その具体的な方法なども、
現在のセッションに、生かされている。

また、これらの能力開花から、宇宙エネルギーやチャネリングをソースとする手法での
デザインを、2009年よりスタート。

それまでとは異なる 独自の制作プロセスにより、さらにクライアントの人気を得る。

・アニマルコミュニケーションカレッジ2010年修了
・アニマルコミュニケーションカレッジレベルアップコース(2011・2012)修了
・『ゆほびか』2012年9月号「ペットの心の声を聞く方法」の体験記(3)に掲載される
・ドッグスクールVisse 家庭犬しつけ教師・認定
・(ペット食育協会) ペット食育士 1級
・愛玩動物飼養管理士2級

・須崎動物病院(ペットアカデミー)通信講座受講
・一般社団法人 全日本動物専門教育協会主催 動物の救命救命セミナー受講
・STAR・Level2(Spiritural Transformation & Recconection) 修了
・第一種動物取扱業
登録番号:第203-0031号(訓練) 第201-193号(保管) (H28.4.20/H33.4.19)

アニマルコミュニケーター、ヒーラーとして

日本のアニマルコミュニケーターの第一人者、獣医師である高江洲代表による専門機関、アニマルコミュニケーションカレッジにて動物たちの深い心まで読み取る方法や、動物行動学に基づいたメソッドだけではなく、テレパシーや直感力のトレーニング、オーラリーディング、カウンセリング、ヒーリングの技術を習得し、卒業試験ではトップで合格。ゆほびか

2012年には、『ゆほびか』9月号「ペットの心の声を聞く方法」の体験記(3)に掲載される。

卒業後の2年間もさらにスキルを磨くためレベルアップクラスを受講。

2014年、野生動物とのコミュニケーションを学ぶためアフリカへ。 また、ドッグスクールVisseにて行動分析学や行動療法、「訓練」や「犬の操縦」ではない「しつけ」や犬にとって理解しやすい伝え方などを学び、「家庭犬しつけ教師」として認定される。

オーラやチャクラ、深い意識を透視する能力を活用しながらアニマルコミュニケーター、ヒーラーとしての研鑽を積み重ね、自身の体験と技術を統合したセッションや講座等を通して動物たちの声がより多くの人に届きより幸せな関係を築けるよう活動。

~推薦文~

栄えある家庭犬しつけ教師、卒業生第1号が、アニマルコミュニケーションカレッジの先輩である廣部さんであることを、とても光栄にそして頼もしく思います。もともと家庭犬しつけ教師の理念は、アニマルコミュニケーションに基づいています。すでにアニマルコミュニケーターとして活躍されている廣部さんが、さらに家庭犬しつけ教師となられたことは、まさに鬼に金棒と言えるでしょう。これからもたくさんの飼い主と犬を幸せにして下さい。廣部さんの今後のご活躍を期待しています。
  
(ドッグスクール ヴィッセ 家庭犬しつけ教師 糸山雅敏)

~History~

某大手化粧品会社でWEB事業部に転部した事をきっかけに、デザインの世界に転身。
小さい頃からの「絵を描きたい」という忘れていた気持ちも思い出したことで、 「インターネット」がまだ真新しかった1998年、学校法人インターネットアカデミーのホームページデザイナーコース、グラフィックデザインコースにてWEB、Photoshop、 Illustrator等を習得。 描くための「手」を手に入れる。

クライアントが訴求したい、”らしさ”、を提案し、運用後も効果をもたらすこと、また、さらに体系的な理論背景も取り入れたデザインを提供するため、「色」がもたらす心理的影響、カラーマーケティングについての知識と技術を学ぶ。

また、動物の撮影についても以前からこだわりがあり、撮影した愛猫の写真がカレンダーに掲載される。
現在でも動物は可能な限り自身で撮影し、年賀状のデザインでは 「彼らが生きていること」「そのままの
素晴らしさ」を伝えることを心がけ、 いきいきした動物の生命感、躍動感が生きている独自の表現が人気である。

2000年に文部省認定・色彩能力検定2・3級を取得。さらに、色風水の探求によって、デザインに色風水も
とり入れるようになると、クライアントの成果に影響があったという声を頂くようになり、評判を得る。

2008年、プライベートでの葛藤や転機をきっかけに、生き方を模索するようになる。
その流れで人間の心理、パートナーシップ、赦し、罪悪感、愛について、自分について、魂について等、心理学やカウンセリング、スピリチュアル、形而上学等について探求。多くの書物やセミナー等を通して学び、実践に活かせるものを採用しながら試していく。

ルーン1-DAY Workshop Advance Course修了証2009年、宇宙エネルギーやチャネリングをソースとする手法でのデザイン制作をスタート。 独自の制作プロセスにさらにクライアントの人気を得る。(ルーンリーディング アドバンスコース 修了)また、プラーナが見えるようになった事をきっかけに、オーラに興味を持つ。
また、子供の頃からのもう一つの夢であった「動物を癒したい」という気持ちと飼い猫の病院嫌いの解決法として、大好きな動物達へのヒーリングのスキル習得に関心が高まる。

 

BOBBY-G DESIGN (ボビージーデザイン)
年賀状・寒中見舞い・喪中/欠礼はがき デザイン印刷

1999年:WEBデザイン・紙媒体の案内状や名刺、スタンプカード、ショップカード、フライヤーデザイン制作を開始。

クライアントが訴求したい、”らしさ”、を提案し、運用後も効果をもたらすこと、また、さらに体系的な理論背景も取り入れたデザインを提供するため、「色」がもたらす心理的影響、カラーマーケティングについての知識と技術を学ぶ。

2000年:インターネットで受付の年賀状デザイン印刷をスタート。 撮影した愛猫の写真がカレンダーに掲載される。文部省認定・色彩能力検定2・3級を取得

2003年:年賀状デザインの為の干支や動物は可能な限り自身で撮影し、年賀状デザインでは、 いきいきした動物の生命感、躍動感が生きている独自の表現が人気となる。 また、色風水によるラッキーカラーを含めた色の持つエネルギーや影響を考えたデザインを制作。

2005年:当時では珍しい干支や写真入りの寒中見舞いデザイン・印刷を開始。プライベートサイトにてアフィリエイトを導入。アクセスアップの為のSEO対策、ノウハウを研究しyahoo、googleで当サイトが1ページ目に表示されるようになる。そのノウハウをクライアントのサイトにも取り入れ上位表示を獲得。 2008年迄に1,500人以上の年賀状/寒中見舞いを制作。

2008年:喪中はがきデザイン・印刷を開始。

2009年:ルーン・リーディング アドバンスコース修了。宇宙エネルギーやチャネリングをソースとする手法でのデザインやエネルギーカードを制作。写真素材【PIXTA】で撮影した写真を販売。

2010年:JACA(日本アニマルコミュニケーション協会)認定 アニマルコミュニケーター、 ヒーラーとして本格的に活動。カウンセリングの他、ワークショップ等を開催

2011年:オマカユエル、コーイチ、笑りゅう、と行くシャスタワークショップ主催

2012年:『ゆほびか』2012年9月号に「ペットの心の声を聞く方法」の体験記(3)に掲載される。

2014年:野生動物たちとのアニマルコミュニケーションの研修ためアフリカへ。(アフリカ・レポート ドッグスクール Visseにて「家庭犬しつけ教師」の認定を受ける。

2016年:相模原市・橋本にサロンをオープン。アニマルコミュニケーションと行動学をベースとした犬の出張レッスンを開始。飼い主さんのためのアニマルヒーリング講座・東京、大阪、動物園ツアー・大阪編を開催。

特定商取引法に基づく表記はコチラ