アニマルヒーリング・ペットヒーリング・ペットのオーラヒーリング、チャクラヒーリング・ペットのエネルギーヒーリング・エネルギー療法・スピリチュアルヒーリング・動物のヒーリング
アニマルコミュニケーター・ヒーラー廣部良恵(BOBBY-G)
東京・神奈川・千葉・埼玉・写真遠隔。

アニマルヒーリング・動物のヒーリング・アニマルヒーラーによるペットのヒーリング・アニマルセラピー

アニマルヒーリング(遠隔)

ペット・動物へのヒーリング

アニマルヒーリング・動物のヒーリング

ペットが病気の時は、早く回復してほしいし、ペットへのストレスをできるだけ、最小限にしたいものです。

ペットへのヒーリング、アニマルヒーリングは、

病気や怪我の回復を早めたり、痛みが和らぐ、症状の緩和、改善、病気を未然に防ぐ、

など、自然治癒力、自己治癒力を高めます。

そして、ペットをどこかに連れて行かなくてもよく、痛い思いや、辛い思いをさせません。

入院や手術前後の、心身へのストレスの緩和、だけでなく

最期まで元気でいられる、食べたいものを食べることができる、

身体の痛みや苦しさを和らげ、ペットのQOL(Quality of Life『生活の質』)を高める、

心を満たし、苦しまずに旅立てるようにすることも、ヒーリングをする目的のひとつ、です。

アニマルヒーリング

--過去にご依頼のあった症例--

・原因不明と言われ、どうにもできないと獣医さんに言われた
・末期、余命宣告された
・突然の体調不良、元気がない、食欲不振  ・避妊、去勢、などの手術前後 
・足がもつれる ・足のふらつき ・うっ滞(毛球症、急性胃拡張)
・膵炎、腎不全末期、肝炎、肺炎、腫瘍、副鼻腔炎、尿路結石、胸水、心肥大、気管支炎、皮膚炎、てんかん、FIP(猫伝染性腹膜炎)、IBD、甲状腺機能亢進症、悪性リンパ腫、心疾患、馬尾症候群、肺がん   など


-アニマルヒーリング・ペットへのヒーリングでいただいた、ご感想

・心臓の鼓動が正常に戻っていた  ・グビグビと水を飲み始めた 
・食欲がでてきた ・いつもよりご飯を食べるようになった ・ウンチがでるようになった
・ゆるかった便が普通の固さになった  ・おしっこが出るようになった 
・血液検査の数値に変化がでた ・CREがよくなった
・薬(ス○○○ド)が半分に減った
・散歩ができるようになった ・目に力がでてきた  ・元気に飛び回るようになった
・甘え方が変わった
・ヒーリングが始まるとウトウトし始めた ・ゆったりとした呼吸になった ・毛艶がよくなった
・伸びをするようになった  ・ヒーリングの時、空中を見て鳴いた
など 
ご感想>>
(ヒーリングの効果には個体差があります。)

これまでご依頼いただいた飼い主さまからは、こんなお知らせをいただいています。

○○の調子が良い様でしたのでご報告させて下さい。

今日は、病院で診察を受けたのですが、

先生に「咳は落ち着いてませんか?」と質問されました。

当初、「これ以上良くはならないです。」と言われたので、

そんな言葉を聞けるとは、思ってもいませんでした。

お散歩も、気温が10℃で風もあり、止めようかと思ったのですが、

いつもより長くお散歩をしました。

ありがとうございます。

(心臓・肺疾患-犬)

獣医さんから、

「癌を持っている仔にしては、元気ですね」

と言われました。

引き続きヒーリングをよろしくお願いいたします。

(腫瘍-犬)


身体をまとっているエネルギー(気・オーラ)に滞りや詰まり、炎症といったものが見られた場合、
すでに、何らかの症状が現れていたり、今、元気で何も症状がなくても、近い将来、
何らかの症状や病を、引き起こすことがあります。

症状を消すことだけ、を目的とするのではなく、根本にある原因に働きかけることで、
結果的に、早く症状が緩和されたり、回復へとつながっていきます。

ヒーリングありがとうございました。

◯◯(うさぎ)は、少しづつ、ふんの量が、増えてきています。

ヒーリング前は、身体を伸ばして座っている事が多く、

なんとなく、お腹が苦しいのかな…と思っていたのですが、

最近は、それも無くなってきました。

薬の量を、少し減らしても大丈夫になりましたので、

本格的に、薬を止めても良いか、獣医さんに相談してみようと思っています。

ヒーリング初日から、毛がふわふわになって、顔の表情が良くなりました。

マウンティングが激しくなって、サークルの中で、大暴れしていますので、

元気は戻ってきていると、思います。


改めて、ヒーリングってすごいなぁ… と、感じてしまいました。

このごろは、部屋で私の姿をみかけると、◯◯が、

走って寄ってきてくれる様になりました。


病気になる前は、それが当たり前だったのですが、最近は、

そんな姿も見ていなかったので、それが本当に嬉しくて…

良恵先生、本当にありがとうございます!!

(うっ滞-うさぎ)

先ほど、ヒーリングしていただいていると思われる時間に、

○○は急にウットリして、その後すぐ

手をつけなかったごはんに向かい、モリモリ食べきってました!

食欲が出てきたようです。

(悪性リンパ腫-猫)

こんばんは!

3月◯日に◯◯ちゃんにヒーリングをしていただきました◯◯です。

その後徐々に快復していき、今日病院で検査を受けたところ

肺炎の数値が正常に戻っていたようです。

一時期はこのまま悪化して死んでしまうのでは…

と心配していたので本当に嬉しいです!

ありがとうございました(^^)

シニア犬なので、また定期的にヒーリングをお願いしたいです。

本当にありがとうございました。

(肺炎-犬)

丁寧にヒーリングをしてくださり、また早々にヒーリング内容を教えてくださり、
どうもありがとうございました。

参考資料も印刷して読ませていただきます。

ざっと目を通しただけでも、すでにいくつか心あたりがあります。

今日は帰宅が3時半ごろだったのですが、 すぐに、
ベッドの自分の毛布で丸くなっていた◯◯に、

「今日4時からヒーリングしてくださるのよ、良かったね。」

と伝えました。 

その後、ベッドから降りてきてご飯を食べて、お部屋の中をひと回り、
その後トイレを済ませて、3時55分ぐらいになったら、
またベッドの上の自分の毛布で丸くなって、


時間を待っている感じで びっくりしました。

ヒーリング中は、最初は私が近くを通ると、ちらっと見たりしていましたが、

途中からは気持ちよさそうに、ぐっすり寝ていました。

(中略)

あの後も、ここ数か月で初めて、以前のような優しい声で
数回ですが鳴いてくれました。


久しぶりに◯◯の可愛い鳴き声が聞けて、とても嬉しかったです。

(甲状腺機能亢進症・夜鳴き・腎臓疾患-猫)

アニマルヒーリング

また、事故や、重い病気、心にある深いトラウマなどで、チャクラ(身体のエネルギーセンター)が、

裂けたり、歪んだり、損傷していると、回復に時間がかかる、なかなか治らない、ということがあります。

オーラを整え、エネルギーの大元(チャクラ)に対するヒーリングで、回復が早まる、

不安や恐怖感から解放される、などにも繋がります。

いつもヒーリングをありがとうございます。

今日の○○はとても良いお天気で、

○○も○○も気持ち良さそうに日向でお昼寝しています。

○○は日曜日からキャットタワーのてっぺんで昼寝をするようになりました。

キャットタワーは階段の横にあり、階段を5段くらい昇り、

そこからタワーに移っていましたが、

最近はそこに行くことがありませんでした。

でも、日曜日には階段からキャットタワーに昇り、

さらに手すりに上がって外の雪景色を見ることもしていました。

食事の量は多くはありませんが、

痛みや呼吸の苦しさもなさそうで、寝て起きて、

グルーミングして、ご飯を食べて…

と気ままに過ごしています。

(肺腫瘍-猫)

お世話になっております。

おかげ様で、◯◯はとっても元気です。

ヒーリングしていただく前より、元気になってきました。

咳は時々出ますが、軽い咳で、寝ている時は出ません。

良くなっていている様で、嬉しいです。

(喉、肺・腫瘍--犬)

ヒーリングの内容を読ませていただきました。

また、回復のための参考を記載いただきありがとうございます。

今日、仕事の帰りにかかりつけのペットクリニックに行きましたが

投薬はありませんでした。

先ほど○○は、夕食を食べた後、

久しぶりにいつもの座布団の上に寝て

今は一生懸命グルーミングをしています。

昨日(ヒーリングを受ける前)より気持ちが良さそうです。

○○○○、(略)など、できることをやっていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

肺がんなので、苦しくならないようにと、

家族ができることをしていきたいと思っています。

(肺がん-猫)


ペットのエネルギーはヒトよりも、繊細です。

ヒーリングのやり方、ペットの特性を知らぬまま、ヒトと同じように行うことで、
ペットのオーラを傷つけてしまったり、

効果のうすいヒーリング、原因を残したまま、症状を消す、

と、なっている方も、多く見受けられます。

このヒーリングは、これまで10年間、毎日、さまざまな症状のペットを、

個別に
ヒーリングをしてきたことで、

効果的なヒーリングがあることもわかりました。

獣医さんから、余命半年、と言われてから、2年が過ぎる、という事例もあります。

たとえ、命を救えなくても、痛みを和らげてあげたり、奇跡と呼ばれることが起きたり、

苦しまずに旅立たせてあげられた、などのご報告をいただいています。

また、このヒーリングは、レイキ、やフラワーエッセンス、波動調整、バイオレゾナンスなどの療法、

気功、クリスタルヒーリング、など、他のヒーリングや療法を行っている飼い主さまからも、

ご依頼をいただいています。

アニマルコミュニケーションで、ペットの気持ちや望んでいることを知ると、
ヒーリングがさらに効果的になります。

 

遠隔・アニマルヒーリング メニュー
オーラリーディング

<個別ヒーリング> 1頭づつ、個別にヒーリングを行います

個別にヒーリングを行います。

オーラリーディング、チャクラリーディング、内臓透視の結果を元に、
オーラのエネルギーの浄化(お掃除)、チャージ、調整を行います。

症状のでている臓器や場所だけでなく、根本原因となっている可能性のあるものに対し
ヒーリングを行い、回復へと促します。

重い症状、慢性的な症状、事故や深いトラウマなど、チャクラの状態により
チャクラの再構築や、整合を行う場合があります。

ヒーリングの時間帯は飼い主さん、動物さん共に通常通りの生活をしていて大丈夫です。

*チャクラ--身体にある、エネルギーセンター。ヒトや動物がまとっているエネルギー(オーラ)の流れの、かなめ。

参考資料ヒーリング終了後、現在の身体の状態、行ったヒーリングの内容、
今後のケアのための資料(PDFファイル)を、メールにてお送りいたします。

※症状が重い場合、60分コースや8日間セットでのお申込みがおすすめです。
(チャクラの再構築を行うことがあります)

(税込)

・60分 18700円
 [60分+8日間(11000円)とセット 29700円→28710円]

・40分  14080円
 [40分+8日間(11000円)とセット 25080円→24420円]

・30分  11770円
 [30分+8日間(11000円)とセット 22770円→22440円]

・20分   8800円
 [20分+8日間(11000円)とセット 19800円→19690円]

--15分コース
(各15分のコースでは、今後のケアのための資料はつきません。)

・月額プラン(30日/各15分) 37950円
(*1回あたりの料金が、8日間よりもお得です。30日間で3000円OFF

8日間(各15分) 11000 

・5日間(各15分)   8250 

・3日間(各15分)  940


※症状が重い、辛そう、重篤な状態の場合など、1日2回行うことも可能です。(2回目は1100円/1回)

※20分以上のコースを、継続して行うことも可能です。
 (2回目~は、資料なしでの料金となります。セット料金(割引)もございますので、ご相談くださいませ。)

※初日のヒーリング終了後に、行ったヒーリングの内容をお送りします。

※期間中、気になること等がありましたら、ご遠慮なくメールにてお知らせくださいませ。

※継続でのプラン、料金については、別途ご案内いたします。

 

 セッション/電話相談/アニマルコミュニケーション(写真/スカイプ/遠隔)

・ペットの今の気持ちを知りたい
・口内ケアやサプリメントの与え方、回復のためにできることを知りたい。
・穏やかに過ごせるようにするには?
・ペットに伝えたいことがある
・同居のペットのことについても、聞きたい
・亡くなったペットとの関わり、
・セッションの内容について、あらためて聞きたいことがある

など、聞きたいこと、知りたいこと、にお答えします。

※お急ぎの場合、ご相談くださいませ。

※過去世、オーラ図、資料等はつきません
(オーラ図付きのアニマルコミュニケーションはこちら)

(税込)

◆ 対面飼い主さまのみ

(120分) 30000円
 (90分) 25000円
 (60分) 20000円

◆ 電話/スカイプ 

 (120分) 30000円
 (90分)  25000円
 (60分)  20000円 
 (30分)  10000円

※お電話はこちらからおかけいたします。

※スカイプは音声のみ、または、映像をお互いに表示、をお選びいただけます。

【お申込みの流れ】
  1. 申し込みフォームよりお申込みください(身体の状態、現在の症状についてご記載ください)
  2. 動物さんのお写真(写真撮影例)、お知らせいただきたい事項など詳細をお送りいたします
  3. お写真等をメールにてお送りいただき、お振り込みの確認がとれましたら日時の確定となります
    (※お急ぎの場合、ご相談ください)
  4. ヒーリングの時間帯は、飼い主さま、ペットさん、ともに普段どおりの生活をしていて大丈夫です

お申込みはこちら
メールでのお問い合わせ はコチラ

※ヒトのヒーリングはこちら

※ご注意※
ヒーリングは医療行為ではありません。
病気や病歴についての診断や薬剤等の処方は獣医師法に違反することとなるため、お断りいたします。
大切な家族のためにも、必ず動物病院で獣医師の診断を受けられますようお願いいたします